近年プチ整形がブームのようです

近年、プチ整形がブームになり、外科的手術より切らない美容整形を選ぶ人が多くなっているようです。

たとえば一昔前なら、シワやタルミは目立たない部分の皮膚を切って引っ張るという仕方だったようですが、今は、光のフォトフェイシャルやRF波のサーマクールで治療することができます。

RF波のサーマクールは【カウンセリング→洗顔と写真撮影→テープ麻酔→麻酔が浸透するまで30分ほど待つ→照射のためのマーキング→施術】の流れに沿って治療します。
治療時間は30分で完了(テープ麻酔が浸透する30分を含めると1時間程度)。

施術後は若干赤みが残るようですが、その赤みも数時間程度で消失するそうです。

詳しいことは■クロスクリニックサーマクールのクロスクリニックはこちらから■のサイトに載っていますが、施術当日には、洗顔も化粧も普段通りにできるというから、いかに肌への負担が少ないか分かります。

紫外線対策はしっかり行う必要があるそうです。

効果は、4日ほどで肌の感触が徐々によくなり、それから、1ヶ月後から3ヶ月後くらいには手応えを感じるようになるみたいです。

サマークールを受けたクライアントからは、「肌の張力を感じる」「頬が痩せたような気がする」「毛穴がしまった感じ」「頬からアゴにかけて小さくなった」など多数の感想が寄せられているようです。